北組子ども三番叟

上半田「ちんとろ祭」には「子ども三番叟」があります。南北の三番叟で舞やお囃子は異なり、北組は「男三番叟」と呼ばれ勇壮な雰囲気の踊り、南組は「女三番叟」と呼ばれ繊細で細やかな雰囲気です。三番叟の化粧も凜々しい、優しいと雰囲気が異なります。

三番叟は神の子とされ、衣裳をまとった三番叟を道中の地面に下ろすことはしません。移動の際には三番叟係の人の肩に担がれ(正しくは支える手の平の上に立つ)形でお囃子と共に進みます。

関連記事

  1. 昔のちんとろ祭3

  2. 昔のちんとろ祭2

  3. 祭の必需品手ぬぐい

  4. 春まつり 宵宮

  5. 東京オリンピック聖火リレー

  6. 令和6年三番叟紹介